OEM、ODM

新しい日常 OEMオンライン商談ソフトナビ

オンライン商談の時代

コロナ禍の影響で在宅勤務を実施している企業も増え、その影響でかって無い程にビジネススタイルも劇的な変化が生じています。企業として時代の変化に対応しなければならないのは常、パラダイムシフトに追いつく為模索してつつ有る状況、その中の重要なヒントとして、ITを活用したセールステクノロジーの存在が挙げられます。
そしてその中で企業にとって一番重要になるであろう「オンライン商談」について説明して行きます。

 

オンライン商談を成功に導く必須のツール

現在は既存のツール、ノートパソコンやスマホを使って直ぐに導入、活用出来るソフト・アプリが登場しています。相手先の企業でも導入しているソフトは様々な、当然相手先の挿入しているソフトに対応しなければならないシーンが出てくるので、使う頻度の高いソフト・アプリをインストールしておく必要があります。アナログにこだわらずに、オンライン・オフラインの使い分けを意識してオンライン商談ツールを使いこなして行きましょう。

おすすめオンライン商談ツール3選

企業で導入しているソフトは以下で説明していいるソフト「ZOOM(ズーム)」「SKYPE(スカイプ)」「Googleハングアウト」の3つでほぼ100%のシェアを占めています。※2020年時点

Zoom(ズーム)Zoom Video Communications

Zoom

(Zoom公式サイトより引用)

あらゆるデバイスで簡単なビデオ会議とメッセージングが可能なのがこちらの「Zoom」。
複数の参加者が画面を共有して共同で注釈を入れられるため、全社ミーティングなどに最適。場所とデバイスを問わず参加できるオンライン商談ツールとしても多く導入されているソフトです。最大1000人のビデオ参加者に対応。

チャット機能やファイル共有など、多機能で使いやく内外の通信、全社ミーティング、トレーニングに1つの通信プラットフォームで対応できるのも魅力です。1対1の通話なら無料で利用できるので、オンライン商談ツールとしては導入率も高くお勧めのソフトです

公式WEBサイトはこちら

Skype(マイクロソフト)

Skype

(Skype公式サイトより引用)

こちらはマイクロソフト社製、ほとんどのWindowsにはプレインストールされている無料通話やファイス送信、チャットも出来る「Skype」です。Skypeはグループを作成して複数人でビデオ通話が可能、オンラインでの商談にも有効です。

最大10人までのグループビデオ通話が無料で可能。通話に参加するためにはSkypeのアプリケーションでアカウントを所有し、Skypeにログインしている必要があるため、事前にスカイプを導入しているかどうか確認が必要となります。ただほとんどのWindowsにインストールされている為、簡単な設定で使用できるのも魅力です。

公式WEBサイトはこちら

ハングアウト Meet(Google)

ハングアウト Meet

(ハングアウト公式WEBサイトより引用)

Googleが提供するクラウドサービス「G Suite」の中に含まれているWeb会話ツールサービス「ハングアウト Meet」です。ZOOMを同じく主催者(ホスト)が会議を設定してリンクを共有するだけで会議を開催できるため、参加者はG Suiteを契約していなくても会議に参加可能。
G Suite に完全に統合されているので、カレンダーの予定やメールの招待状から会議に直接参加できます。現状使用している企業は少ない印象ですが、Googleアカウントを持っていれば無料で直ぐに導入できます。

公式WEBサイトはこちら

 

オンライン商談のメリット

最早「ITツールを使いこなすのが苦手」と言う「言い訳」は通用せず、「使えて当たり前」の常識ツールとなりつつある状況。早く導入して使いこなせる企業がより多くのチャンスを掴み、新しい時代を生き抜ける力をつけて行く事になるでしょう。

まだ導入したての企業、未導入の企業も多いので、ここではオンライン商談を使いこなす為のメリットを説明します。

  1. 営業時間の短縮、生産性アップ
    移動時間が無く、その場で商談が出来ます。経費削減と共に、一人当たりの商談効率もアップします。
  2. 営業活動の効率化
    その場で商談が直ぐに出来るので、相手から商談の申し込みがあった時も、難しいアポイントの必要も無く、空いている時間さえあれば直ぐにオンライン商談が出来ます。 自社オフィフが商談場所になるので必要な資料や要望にも柔軟に対応しやすくスムーズに進める事が出来ます。
  3. 様々な場所からの顧客獲得
    オンライン商談は日本中、世界中の相手とも商談が可能です。今まで距離的な問題で商談が難しくチャンスを逃していた顧客に対しても対応が可能になり、又自社に対して興味を持った新規顧客に対しても直ぐにアプローチが可能になります。出張経費も削減出来、メリットも大きい活用方法です。

    まとめ

    これからの時代、必ずと言い切って良いほど必須とされるオンライン商談ツール、簡単に導入出来るツールばかりなので、早めに導入を検討してみては如何でしょうか。新しい時代の成功ツールとして必ず役にたちますので、是非挑戦して下さい。

    自社サイトの再構築も重要なポイントです、その際は「自社がオンライン商談に対応している」事を必ずアプローチして下さい

 

「化粧品OEMメーカー」ランキングはこちらhttp://cosme-expo.com/ranking

参考記事:「化粧品OEM 商品化までの進め方」https://cosme-expo.com/how-to-oemproduct

参考記事:「OEMにかかる費用」https://cosme-expo.com/oem-cost

参考記事:「後悔しないOEMの選び方」https://cosme-expo.com/oem-choice

参考記事:「化粧品・コスメの広告表現OK・NG(薬機法)」https://cosme-expo.com/advertising-expression-cosme

参考記事:「化粧品・コスメの不当な表示の禁止(景品表示法)」https://cosme-expo.com/keihinhyouzihou-cosme

 

「もっと知りたい」「この商品のロットについて知りたい」等あれば当サイトの問い合わせから連絡をお願いします。※返信には数日かかる場合があるのでご了承下さい。https://cosme-expo.com/contactus

 

 

関連記事

  1. 大手OEMナビ

    化粧品大手OEMメーカーと取り組む際の メリット・デメリット

  2. 通販・D2C 単品で売れるコスメアイテムランキング

  3. 美容フェイスマスク 製造OEMナビ

  4. オーガニックコスメサムネイル

    オーガニックコスメ 製造OEMナビ

PAGE TOP